4歳でランウェイデビュー、6歳でファッション雑誌「VOGUE」の表紙を飾った「世界で最も美しい女の子」と呼ばれる少女が、6年ぶりにモデルに復帰!
この話題が「6年経っても美しさは変わらない」「あの時も驚いたが、久しぶりの彼女の美貌には更に驚かされる」とネットを中心に話題沸騰、多くの人を魅了しています。

TB..in st Tropez when i was 6 Mood #lovemyvillage

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

とても6歳とは思えない。大人びた雰囲気と整った顔立ち、彼女が当時一大センセーションを巻き起こしたフランスの美少女モデル、Thyiane Blondeauさん(当時6歳)です。

彼女の父親はプロサッカー選手のPatrick Blondeauさん。母親はファッションデザイナーのVeronika Loubryさんです。有名なふたりの間に生まれた彼女は、4歳でモデル活動を開始。
するとすぐに、その姿が大手ファッションブランドの目に留まり、デビューからまもなく「ジャン=ポール・ゴルチエ」のファッションショーに出演。
その堂々としたランウェイで多くの人々を釘付けにしました。

Jean paul Gaultier catwalk age 4 #throwback

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

10歳の時「VOGUE PARIS」でハイヒールを履き、ボディラインが際立つファッションでセクシーなメイクをした彼女。
この姿が「年齢にそぐわない!」「性犯罪を助長する!」と批判され、以降Thylaneさんはモデル活動を大幅に自粛、ランウェイや撮影も極力控えてきました。
この騒ぎによりフランスでは16歳以下のミスコンを禁止する条例が成立するまでに至ったのだそうです。




こうした経緯で約6年間モデル活動を自粛していたThylaneさんですが、今年ようやく16歳となりモデルに完全復帰しました。

モデルに復帰するとすぐに「ドルチェ&ガッパーナ」のショーで華麗なランウェイを披露!
また世界最大の化粧品会社「L‘Oreal」とも契約。今、最も輝いている女性モデルの一人として、様々なメディアから注目されています。

TB age 4 when I had no problem smiling 😂😂😂😂

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

こちらの写真はフランス、パリ在住の女性ファッションデザイナー、ロリータ・レンピカ初のフレグランス「Lolita Lempicka」の広告塔を務めるThylaneさん。企業の求めによって表情を変えていく彼女。その才能は天性のモノです。

"Morning PARIS

A post shared by Thylane (@thylaneblondeau) on

まだ若いのに紆余曲折、現在170万人を超えるフォロワーを持つThylaneさん。
なお、彼女のインスタグラムは自粛中から現在までに約800枚の写真がアップされています。
興味を持たれた方は是非チェックして見てください。

出典元:spotlight-media