18日放送の「1番だけが知っている」という番組でビートたけしさんが唯一勝てないと思ったお笑い芸人が明石家さんまさんだということを告白しました。

番組では、ビートたけしさんが「魂が震えた芸人」を尋ねられて「明石家さんま」と答えたのです。たけしさんは、「テレビの時代では一番すごかった」と語っていて、さんまさんのアドリブと切り返しのすごさに「こんな人がいるんだ」とショックを受けたそうです。

1981年に二人は「オレたちひょうきん族」で初共演し、裏番組のザ・ドリフターズ出演の「8時だヨ!全員集合」は、30%の高視聴率をとっていました。
ドリフターズがきっちりと計算をして生放送を行っている中で、たけしさんたちは、正反対の「いいかげん」で行うことです。

いいかげんに番組を行っていたビートたけしさん。彼はさんまさんに対してどのようなことを思っていたのでしょうか。




たけしは、アドリブが多いといわれている「ひょうきん族」では、「明石家さんまには勝てない」「勝とうと思うと番組が終わってしまう」と考えて「俺がツッコミの方に回んなきゃ」と思ったそうです。

当時のコントでも、たけしさんは、さんまさんにツッコミをしていて「なんでツッコミをしなければならないんだ」と本音を漏らしていました。

半年でドリフの視聴率を抜き、たけしさんは「さんまという毒を飲み続けたおかげで『ひょうきん族』は意外に早く終わった」「その毒で『全員集合』を抜いたけれどその毒で自分たちも終わった」と9年間で終わった番組を振り返ったのです。

さらにたけしさんは、「さんまちゃんは、いつまでたってもあのまんな」「治らないと思う、毒だから」とコメントし、「あの毒は、人間社会に必要なバクテリア」と例えて、その毒には関わりたくないと語り笑っていました。

出典元:livedoor