お笑い芸人・宮川大輔さんは10月15日に放送された「おしゃれイズム(日本テレビ系列)」に出演し、自身も出演する人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で、過去に一度だけロケを拒否したという暴露話を披露しました。
「そんな裏話があったとは知らなかった!」「さすがはご意見番(出川哲郎)だわ!」とネットを中心に話題沸騰し、多くの人々の度肝を抜きました。

「世界の果てまでイッテQ!」で、常に体を張ったロケを敢行している宮川さんは、人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、有名ですね。
その10年間のロケに行き来して貯めたマイレージは、なんと「ファーストクラスで地球3周分!」にもなるというから驚きです!
そんな宮川さんの話は司会の上田さん(くりぃむしちゅー)も食い入るように聞いていました。
そして具体的なイッテQのロケの話になったところで上田さんが

「(これまでに)ロケを断ったこととかないんですか?」

と話を振ると、宮川さんは急に深刻そうな顔つきになり、
「これ、言っていいのかな~」

と躊躇しつつも、過去に一度だけロケを断った事があることを暴露しました。
そしてその十数秒後宮川さんは、そのいわくつきのロケの全貌を語ったのでした。

「あのね、イッテQで一回だけ~」

宮川さんは重い口を開き、そして衝撃すぎる内容を口にしました!!

それは、高度1万メートルからの…恐怖に負け唯一断ったロケ。

スカイダイビング!

そりゃ断りますよね~(笑)

なお、この高度1万メートルからのスカイダイビング。これは、酸素ボンベを装着しなければ命に関わるモノであり、寒さで失神しないように防寒具を着用しなければ、行うことが出来ない…決して真似してはいけない世界一過酷なスカイダイビングでした。
元々は、戦争中に他国を攻める際、アメリカ軍が雲の上から兵士を落下させるために考えられた方法なのだそうです。
しかしながらそんな究極のスカイダイビングの話を聞き、思わず震え上がったという宮川さん。迷うことなく、すぐにディレクターに断りを入れたのだそう。

これまでにも宮川さんは死者を何人も出しているというイギリスの伝統的なイベント「チーズ転がし祭り(The Cooper’s Hill Cheese-Rolling and Wake)」や危険度200%「スペイン牛追い祭り」など、何度も過酷なロケを経験してきているはずですが、それらをも制してきた宮川さんですら、断わるほどさらなる過酷なスカイダイビングとはいったい・・・?!

いや、むしろ断って当然なのかもしれませんね。おそらくごく当たり前の行動でしょう。実はこの話にはさらに続きがあるんです!
それは・・・

なんと翌週、高度1万メートルのロケに向かった猛者は・・・

ご意見番こと、この人!




💑 #相変わらず楽しいロケでした #世界の果てまでイッテQ #出川ガール #てッちゃん #お嬢 #コンビ

A post shared by Mayuko Kawakita 河北麻友子 (@mayukokawakitaofficial) on

出川哲郎さんだったのです!!

当時、この高度1万メートルのスカイダイビングをアジア人で挑戦し、さらに成功した人は出川さんが初めてだったというからさらに驚きです!!

出川さんはその後のインタビューで

「スカイダイビングは散々やらされたけど、アレはめっちゃ怖かった。上を見上げたらちょっと薄暗くて宇宙だった!」

と語っていました。

この話を聞いた宮川さんは、先輩である出川さんにスカイダイビングをさせてしまったことを深く後悔したそうです。

その後、出川さんに謝りに行った宮川さんでしたが、謝られた当人の出川さんは、それに対して「何が?」と返してきたそうで、
出川さんによると、台本には「宮川(急遽、演者を変更した為、訂正出来なかった)」という文字が書かれていたそうなのですが、単純なミスプリントだと解釈していたというからさすがです!

「出川さんの凄さがわかった!」「(出川さんに迷惑をかけてしまうため)今後は断るわけにはいかない!」

と、番組内で熱く語っていた宮川さんは、このロケが“最初で最後の断りを入れたロケ”となったそうです。

毎回過酷なロケにも関わらず、10年のうち1度しか断りを入れない宮川さん。そして、後輩をがっつりと支える偉大な先輩・出川さん。
さらにはイッテQメンバーの絆を感じさせる今回のストーリー、本当に素晴らしいですね。次回はどんな過酷ロケを敢行するのでしょうか??
今後の宮川さんの活躍にこれからも目が離せません!

出典元:spotlight-media