夏から秋にかけては、海水浴や台風など水の事故が発生する時期でもある。

そんな中、川に転落した男性を救助した親子に、10月17日に徳島市東消防署から感謝状が贈られた。その時の救助方法に称賛の声があがっている。

みなさんももしもの時のために、覚えておいていただきたいのでぜひ目を通しておいていただきたいと思います。

報道によると、9月29日の夜、徳島県徳島市の中洲川で夜釣りの準備をしていた会社員の男性(36)と小学1年生の息子(7)は対岸から「助けて」と叫ぶ声を聞いた。急いで車で対岸へ向かうと、男性が川に転落して岸壁にしがみついた状態で助けを求めていた。

父親は浮き輪の代わりにロープをくくりつけたクーラーボックスを投げ込んだが、息子と2人では男性を引き上げるのは困難と判断し、119番通報した。

消防車が到着すると、親子は暗い夜道を懐中電灯で照らして消防車を誘導、その後転落した男性は救急隊員によって無事救助され、事なきを得た。

感謝状をもらった父親は報道陣に対して、「大事に至らなくてよかった」と話し、また、7歳児の息子は「うれしい」と笑顔で話していた。7歳児への感謝状の贈呈は2001年以降では最年少だという。




この親子に感謝状を贈った徳島市東消防署長は、次のように話していた。

「溺れた人がいる際は、飛び込んで助けようとすると2次災害を引き起こす。ロープなどを投げて周囲に助けを求めるのが大切で、2人の対応は適切だった」

と、親子がとった救助方法を絶賛した。

この報道を見た人たちからは、インターネット上で親子の行動を賞賛する声が相次いでいる。

・素晴らしい!

・クーラーボックスを浮き輪代わりにした機転と、むやみに飛び込まずに救援を呼ぶ冷静さは、マニュアルに載るレベルだわ。ただ尊敬

・7歳が? 危なくなかったの? て思って読んだら、とても適切な救助をしてた

・こういうニュ-スはしっかりと報道してほしい!

特に川遊びや海水浴で我が子がおぼれそうになった時、親が飛び込んで助けようとして、親子ともに亡くなる事故のニュースなども目にします。

「早く助けなければ」という気持ちは分かりますが、冷静さを失ったばかりにさらに悲しい結果になり得ません。この親子のように、冷静な判断ができるように、普段から意識しておくことが必要なのではないでしょうか?

出典元:sirabee