料理のレシピ本に「しょうゆ 大1」などの表記があります。その醤油には「濃口」「うす口」の2種類があるのですが、その2種類は、どのように区別されているのでしょうか。そして、それぞれの使い道は?

うすくち醤油は、関西生まれの醤油で、濃口醤油より色が淡く、香りも控えめなので、京風料理の素材を生かした仕上げのために、使用される事が多いようです。
タケノコの煮物やお吸い物、関西風おでんなどに使われます。

また、濃口醤油は、豚の角煮やぶり大根など、青魚や肉類の臭みを抑え、コクを出すのに重宝します。




うすくち醤油は
・原料 濃口醤油に米、甘酒を入れる
・作り方 発酵・熟成中の温度を低めにし、醸造時間を短くして作られる
・賞味期限 酸化して色が濃くなると、色のうすさの価値が下がるので、濃口醤油より半年ほど短い
・塩分 濃口醤油より少し高め。色が薄く、少量でしっかりと味がつくことで、味見をしながら料理をする(減塩意識も高まっているので、塩分控えめのうすくち醤油も作られている)
・色の薄さに惑わされず、適切な量で味付けする
いろ=味の濃さではないので、しっかり味見をする
・うすくち醤油は、濃口醤油をうすめても代用できない
薄めると、うま味のない、水っぽい味になる
・濃口醤油をうすくち醤油で代用できない
うすくち醤油を使用すると、塩分量の違いからしょっぱく仕上がる

〇うすくち醤油はどんな漢字で書くのでしょう
「うすくち」は「淡口」と書きます。
「薄口」と書くと、「濃口」に対して味や塩分がうすいとの誤解を生じるので、醤油業界では「色が淡い」という意味合いを込め「淡口」という文字を使います。

商品には「うすくち醤油」と、ひらがなで表示されています。

出典元:tg-uchi