片づかなくて使いづらいキッチンが以前からお悩みだったレタス隊の賀持彩虹(あやこ)さん。
今回、整理収納のプロ・古堅純子さん指導のもと取り組んだ「キッチンコックピット化物語」レポートです。

いよいよ“使いやすい場所”に物を収納していきますが、さて、気になるその基準になることとは一体何だったのでしょうか?

コックピット化にとって大切なことといえば生活動線(動く方向)を考えながら収納場所を決めるということです。
余分にあちこち動き回る必要がなくなるため、調理や片づけが非常に時短できます。

・スーパーゴールデンゾーンに箸やカトラリーを入れる
ここでいう“スーパーゴールデンゾーン”とは、食器洗いや調理中でも、手を伸ばせばあけられる調理台のすぐ下の引き出しの事を指します。
100均の仕切りケースなどで使いやすく収納し、毎食ごとに取り出す箸や調理中に使うお玉などを収納していきます。

・シンクの下にスタメンの皿や茶碗などを収納

シンクの下の引き出しを活用し、そこへなんと毎日使う食器を入れたことで、日常の食器の出し入れのしやすさをアップさせました。
今までしまう場所に迷い、シンクの横の洗いカゴや調理台に出しっぱなしにしていた食器もすっきりと収まり、見た目にもとても清潔感が出ました。

・フライパンや鍋はガス台下に

よく使うフライパンや鍋はガス台の下の深底の引き出しを定位置にすることで、すぐに取り出せてとても使い勝手が良いのです。さらにその下の引き出しには、圧力鍋を収納しました。今まで上の棚にしまっていたりと別々にしまっていたことで使いづらくなっていた物も取り出しやすくなり、料理のレパートリーも俄然増えそうです。

・米袋やしゃもじは炊飯器を中心にを置く

炊飯器は、調理台の上へ移動しました。これは使用頻度を考えてのことですが、炊飯器をベースに下の引き出しに米袋やしゃもじを収納して炊飯という同じ用途に必要なものが縦の動線だけで取り出せるので非常に効率良く、動作にムダがありません。




・季節ものはつり戸棚へ入れる

卓上コンロなどそこまで使用頻度は多くなく、台に乗らなければ出し入れできない季節ものは上の棚へしまいます。
不要なものを処分し、空間にゆとりが生まれたので、棚の中が良くわかり、「どこへしまったっけ?」なんていうストレスもありません。

・掃除用具やお弁当箱は最下段の引き出しに

洗剤、お弁当箱などのストック類は、調理台のいちばん下の引き出しへアイテムごとにグルーピングして収納しておきます。その際、カゴを使い立てて収納することで、上から見下ろしたときでも、一発で何がどこに入っているかわかり、説明の必要も考える手間も省けます。

・飲み物グッズは奥の棚にまとめて収納

炊飯器を置いていた棚をドリンクコーナーに変更しました。右半分は大人のグラス類と酒を、左半分は主に子ども用のコップを入れました。隣にウォーターサーバーを置いたので、棚の上で赤ちゃんのミルク作りができるという合理性です。

・カゴを使って奥のスチール棚に食料庫を

スチール棚の中に100均のカゴを入れ、乾麺、缶詰、レトルト食品、じゃがいも&玉ねぎなど、それぞれ種類別にストックします。すると見た目もとてもすっきりとし、取り出しやすくなり、メニューを考える手間も時短できちゃいますね。

「探さない&あちこち歩かない」など無駄な動きのないコックピットキッチンを作るには、使用頻度が高いものをゴールデンゾーンに置き、さらに縦の動線を考えて収納するだけです!

目的別に収納することで、お子様やご家族全員で物の置き場所や片づけ場所を共有しやすく、例えば炊飯器の近くにしゃもじがあるなど、見渡せば関連グッズが見つかり、「ママ、あれどこ?」という煩わしさも減りますね!

コックピットキッチンの特徴は、最小限の動きで調理できることです。だからこそ、動線を考えて収納することが非常に重要なんですね!
教えてくれたのは整理収納をきっかけに家族の笑顔を増やしたいと願う「幸せ住空間セラピスト」の古堅純子さん。

一生散らからない「古堅メソッド」は分かりやすいととても評判です。

出典元:spotlight-media