歩くと音が出る子供用のサンダル「ピヨピヨサンダル」。4歳の娘を育てている混布山葵さんは、子供が生まれる前まで、この音が出るサンダルを「可愛らしい音の出るサンダル」としか思っていませんでした。

しかし実際に子供が生まれると「ピヨピヨサンダル」には自分が思っていたのとは違う、実用的な利点があるということに気が付いたのです。

“音が鳴るので、目を離した隙に子供が動くとすぐにわかる”

親が目を離した隙に、子供が動いて危険に陥るケースはたびたび話題に成ります。
時には取り返しのつかない事故に遭うことも、最悪の場合命の危険もあります。




そんな悲惨な事故を防ぐことに「ピヨピヨサンダル」は役に立つのです。
このことにハッとさせられた多くの方から共感のコメントが寄せられています。

・そうなんです、そういう利点もあるんです。
・音を鳴らすようになっているベビーチェアも、同じことなんでしょう。
・この音で、子供が勝手にそばを離れるのに気づかされたことが何度もあります。
・「ピヨピヨサンダル」は役に立つんです。
こんなお役立ち機能を持った「ピヨピヨサンダル」ですが、「音がうるさい」という声もちらほら聴かれます。

病院やコンサートホールなどの公共の場で使用すると「TPOをわきまえずに履かせてしまうから」と反感を買ってしまうことにもなります。

周囲の環境に配慮して利用すれば、可愛いだけではなくて子供の安全を守る、心強い味方になってくれそうです。

出典元:twitter