AbemaTVで毎週日曜日の21時から放送されている「GENERATIONS高校生TV」。ダンスボーカルグループのジェネレーションズが全国各地の高校へ突撃取材し、今どきの高校生について調査する番組となっています。

22日に放送されたとき、ジェネレーションズが向かったのは群馬県立尾瀬高等学校。そこのバスケ部へ向かった彼らは、バスケ部員たちと3on3で対決をすることになりました。バスケ部員だったメンバーが一人もいないジェネレーションズですが、勝負の結果はどうなったのでしょうか?

年長者である坂口メンディー、数原龍友、中務裕太の三人から試合はスタートします。バスケ部員を相手にナイスプレーを繰り広げるも、シュートはなかなか決まりません。どちらも点数が入らないまま試合は終了します。

次は、年少メンバーの出番です。こちらも大健闘しますが、シュートは決まりません。絶好のシュートチャンスに恵まれても、うまくいきません。

年少メンバーもスコアレスドローで試合終了となってしまいました。




試合を終えたジェネレーションズは、バカッコイイ動画へのリベンジをすることにします。奇跡の動画を撮るため、前回はペットボトルを使った動画にチャレンジしたものの失敗に終わったのです。

今回挑戦するのは「ChooChooフリースロー」。縦に並んだまま順番にシュートをし、全員がシュートを決めることができたら成功です。

それぞれシュートをし、どの順番がいいのか決めていきます。そして、いよいよ動画へチャレンジ開始です。

しかし、先ほどの試合と同じようになかなかシュートは決まりません。長く続いても4人止まりです。

64回も挑戦しましたが、残念ながら成功はしませんでした。今回は残念な結果となってしまいましたが、またリベンジして欲しいですね。

出典元:spotlight-media