vortex (@vortex_main)さんは、ある日母親から一通のメールを受け取りました。
件名の欄には「ねえ」とあり、このようなメッセージが記載されていたといいます。

思わず「何だろう?」と思ってしまう、このメール。
その正体は、個人情報を盗もうとする『フィッシングメール』でした。記載されているURLをクリックすると架空請求のメールが届くようになる、悪質な詐欺の1つです。
vortexさんがこの画像をさっそくTwitterに投稿をすると、それに対しさまざまなコメントが寄せられました。




・通販サイトを装った、とてもリアルなメールが届いたこともあります。気を付けないと。
・私も母親を装ったメールが届き、その後、父親を装ったメールもきました。
・実際に母親がいいそうな言葉なので、怖いと思いました。

こういった迷惑メールの対処法として一番いいのは、
無視することだといわれています。少しでも怪しいと思ったら、記載されたURLをクリックしないように普段から気を付けましょう。
また、今回のように家族や知人を装ったメールであれば、「さっき、こんなメール送った?」と、こちらから本人に連絡して確認するという方法もあるので是非試してみてくださいね。
このようなことにならない為にも日ごろから常に「詐欺は他人事ではない」ということを自覚し、細心の注意を払っておくことが何より大切かもしれません。

出典元:/twitter