iPhoneの電波強度は通常5段階の「●(黒い丸)」で表示されます。
電波が強いと「●●●●●」となり、弱いと「●○○○○」となるのです。

実は、このiPhoneで波表示を数字で表示する方法があるのです。
それは「裏コマンド」と呼ばれています。

裏コマンドの方法は、まず電話のアプリを開き、*3001#12345#*と打ちます。
そして発信するとField Testと表示されます。

この画面が表示された時、一時的に左上に表示されている電波強度のアイコンが数字になります。
このままホームボタンを押しても設定は変更できないので気をつけてください。

裏コマンドがあることを初めて知った人は多いと思います。
設定を変更するためにはどのような操作が必要なのでしょうか。
それでは詳しく紹介します。




Field Testが表示されたらスリープ/スリープ解除ボタンを長押ししましょう。
すると電源OFFの画面に変わります。
電源OFFになったらスリープ/スリープ解除ボタンを話してください。

次にホームボタンを長押しするとホーム画面に戻るので設定は完了になります。

見てみるとアイコンだった電波強度の表示の仕方が数字に変わっているのがわかりますよね。

最後に電波表示を数字表示にした時の強度の見分け方を説明すると、電波は-51~-121の範囲内で表示されるので、-51は、電波が強となり、-121は電波が弱ということになります。
数字が小さいほうが電波強いことになりますね。

裏コマンドのことを知らない人からは、「どうして電波の場所が数字になっているの?」と聞かれると思います。

iPhoneを自分の使いやすいようにしたいという人やiPhoneの電波環境を詳しく知りたいという人はこのように設定しておくといいと思います。是非試してみてください。

出典元:lasoreiyu