今話題のTBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』。
19日放送の第5話では、オリジナルランニングシューズ「陸王」の開発が幾多の困難を乗り越えつつ、さらに進んでいくというもので、
いよいよ竹内涼真演じる茂木が公式試合でついに「陸王」に足を通すことがわかりました。

本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、経営存続の復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語で、役所広司が主人公・宮沢紘一を演じています。

足袋作りはまったくノウハウのない状態からスタートしました。
正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」をソールへ導入することで、少しずつ理想に近づいています。

理想の「陸王」を目指して開発を続ける「こはぜ屋」ですが、開発資金がかさみ、当面の運転資金に宮沢の個人預金を使っているという有様なのです。

そんな中、宮沢はランニングシューズ作りで得た知見を足袋作りに応用することを思いつきます。
そんな中生まれた「シルクレイ」を活かした足袋「足軽大将」は、大きな反響を呼びすぐにヒット商品へと成長しました。

しかし一方で両製品の開発を続ける中、職人たちに負担がかかり、なんと最年長の西井富久子(正司照枝)が心臓の持病を悪化させ倒れてしまったのです。

しかも飯山は自身の会社を倒産させた際に損害を与えた金融業者の人間に襲われ、骨を折るなどの重傷を負ってしまいます。

しかし、そこで若手が台頭することになりました。仲下美咲(吉谷彩子)と大地(山崎賢人)です。
富久子の穴を埋めるべく、最年少の職人・美咲は必死で働き、大地もシルクレイ製造機に起きたエラーの原因を突き止め、就活の面接を蹴るという驚愕の一幕もありました。

その一方、茂木はアトランティス社と、こはぜ屋の間で揺れることになりました。
佐山(小藪千豊)からこはぜ屋が財政難であることを知らされ、「いつ倒産するかわからない会社にスポンサード契約してもらっていいのか」悩むことになったのでした。

彼の最終決断がわかったのはニューイヤー駅伝でした。
バスから降りてきた際、最初にアトランティス社の「R2」を履いており、こはぜ屋関係者を落胆させた茂木でしたが、その後、「陸王」に履き替えたのでした。




この展開に、ネット上では感動の声が広がっています。

胸熱くなるストーリーの一方で視聴者に驚きを与えたのは意外な人物でした。それは埼玉中央銀行・行田支店の融資担当・大橋(馬場徹)です。

前任者の阪本(風間俊介)と違い、彼は数字を重視するタイプゆえ、こはぜ屋の「陸王」を通じた再建計画を認めていませんでした。

しかし、「足軽大将」が予想外のヒットになるにつれ態度に変化が現れだしました。最終的には足軽大将の月末納品にあわせて会社を訪れ、職人たちの作業を見て、この会社に将来性があると判断するのです。

宮沢らの要求よりは厳しい条件にはなったものの、追加融資に一役買ってくれることになり、新しい「陸王」が発売された際には自分も買うとまで宣言しました。

出典元:sirabee