11月23日は勤労感謝の日です。

勤労感謝とは、名のごとく働く人たちに感謝をする日ではありません!
今でこそ勤労感謝の日と呼びますが、そもそもこの日は一年で一番大切な日、五穀豊穣に感謝する【新嘗祭】が執り行われる日なのです。

このことについて『神道の心を伝える』さんがFacebook上でわかりやすく説明されてましたので紹介します。

勤労感謝の日とは。
私達は神様から既に数多くものを頂いています。

その多くが命です。

米や野菜、肉や魚などそれらの命を頂き、私たちの【命】が保たれているのです。

私たちは多くの場合、仕事をすることで命を奪ってます。




つまり、大きな仕事をすると言うことはそれだけ多くの命を奪っていることに繋がります。

古来の仕事は米を作ることでした。

今は米を作ることを仕事と考えた方が良いでしょう。

つまり、命の源が米であるのであれば【米=仕事】を行う全ての者が神に感謝する。

その日が新嘗祭なのです。

また、この祭祀を最も重要な祭祀と位置付けてきた日本人。

【祈願】よりも【感謝】を優先していたのです。

さらに、その祭祀は天皇陛下の元で執り行われ、全国の神社でも同じことを行います。

しかも、この新嘗祭、天皇の口から口へと伝わって来た事だそうです。

ぜひ一度新嘗祭、参加されてみてはいかがでしょうか?

出典元:iinee-news