『ホームレス中学生』が大ヒットし多額の印税を得たとして話題を呼んだ麒麟の田村裕(38)さん。
テレビ東京系で24日放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』に出演した際、気になる現在の収入を明かしました。

ある日、突然一家が解散した”衝撃の貧乏エピソードをつづった自叙伝『ホームレス中学生』が225万部の大ヒットを記録し、2億円の印税を手にした田村さん。
税金を引いた約9千万円が手元に残ったそう。
しかし、父親へマンションを購入したり、当時お世話になった人々へお返しをしたり、調子に乗って劇場にいるすべてのスタッフや芸人たちにお金を配ったりしたこともあり、あっという間にお金は底をついてしまったようです。

一時のホームレス中学生バブルも消滅し、テレビの出演は激減しました。そんな田村さんは居酒屋でアルバイトを始め、「正直、今のままでは暮らされへん給料になってきて」と、現在の辛い状況を明かしました。
さらに、本がバカ売れした後結婚した妻は「あれ? ホンマ金ないの? あれ全部ホンマなん?」と態度が一変し、田村さんへの風当たりは日に日に強くなっていったようです。そんな態度を受け田村さんも「この結婚ってホンマにこいつ金目当てやったんかな」と妻に疑いを持ち始め、夫婦ゲンカは耐えなくなっていったといいます。さらにその結果、田村さんは家にいる時間を減らし、アルバイトに精を出すようになったようです。
ただ、その努力が実を結んだのか現在はアルバイトも卒業し、直近3か月の給料はなんと先々月が50万円、先月が80万円、今月が60万円」と少しずつ勢いを取り戻してきているようです。




放送を受け、ネット上では田村のお金の使い方や、現在の暮らしについてとてもさまざまな声があがりました。

・周りの芸人からタカられただろうし、しかたない。計画的に使えなかったのと売れたことにあぐらをかいた感は否めない

・よく子供を見捨てた父親にマンションなんか買ってやるな~。私なら1円も渡さないが

・それでも同世代のサラリーマンよりはもらってるじゃん

・あぶく銭だから仕方ないよ。今の姿が現実“

一瞬の喜びもつかの間、まさにバブルのようにあっけなく弾けていった『ホームレス中学生』ブームでしたが、かつての極貧生活を乗り切った田村さんならば、現在の生活もきっと力強く切り抜けられることでしょう。

出典元:sirabee