ホテルに設置してある、透明のビニール袋。
知らない人々には、単なるゴミ袋としか写らないのですが、これが避難グッズとして、大変重宝な働きをしてくれるのです。
緊急時における、大切なグッズとして活用される、透明ビニール袋の働きとは。

あるホテルに設置してある透明のビニール袋が、火災発生時に「防煙フード」として活用できるといいます。
その活用法とは。

災害はいつ起こるかわかりませんが、万が一の災害に備え、多くのホテルや公共施設には、利用客の避難グッズが準備されています。

例えば、ホテルの部屋の懐中電灯もその一つで、その中に透明のビニール袋が置かれている場合があります。
災害現場で、その透明ビニール袋の活用法を紹介しています。

災害発生時、その袋を頭からかぶることで、有害な煙を吸わず、目を開けたまま避難をすることができます。火災現場の煙は、見通しが悪くなるばかりではなく、吸い込むと一酸化炭素中毒を引き起こす恐れもあり、その危険性から命を守ってくれるのです。

使い方は…

・ビニール袋を振り、袋の中にたくさん空気を入れる
・袋を頭からかぶって、外の空気が入らないように、袋の口を絞って片手で持つ




最近では、専用の「防煙フード」を準備しているホテルもあるようですが、もしもなかった場合には、このビニール袋を代用してください。

ただし、警視庁警備部災害対策課は、このビニール袋について「窒息の危険性があるため、使用方法に注意が必要」としています。
あくまでも緊急時の活用術と言えるようです。

出典元:twitter