これはあるネットユーザーがTwitterに投稿した写真。
なんといきなり著作権侵害で訴えるというハガキが自宅に届いたという。
一体どういうことなのでしょうか?

この不可解なハガキをアップしてくれたのがゆきんこさんというユーザー。

実際に来たハガキがこちら。

著作権侵害訴訟最終通知書という何がなんだか難しいハガキ。受け取った時はさぞビックリされたでしょうね。本人は何も身に覚えがないという。いきなり最終通知っていうのも怪しいですよね。

さて、このハガキは一体何なのでしょうか。

このハガキ差出人は『一般社団法人 知的財産教育協会財団』という団体。
実はこれ、知的財産に関する研究や教育を行っている『一般財団法人 知的財産研究教育財団』に似せた架空請求のハガキ。
対応が冷静だったゆきんこさんはネットでこのハガキの事を検索し、詐欺だと見抜いたそうです。

この時の状況をTwitterに投稿。

ゆきんこさん騙されなくて良かったですね。冷静な判断こそが詐欺に引っ掛からない第一歩だということを教わりました。
さて、通知書が偽物だと一安心ですが、本当に裁判所からこういうハガキが来るときはどういったものでしょうか?

必ず覚えておかなければならないのが、本当の通知書というものは、裁判官の名前が印字してある封筒に入っており、「特別送達」ということで送られてくるらしいです。なので、今回のような普通の郵便では決して送られて来ることはあり得ません。このことだけを覚えておいてもかなり役に立ちますよね。
なによりも怪しいと思ったら即電話やネットなどで検索してみましょう。
金銭を要求してくる内容ならば尚更です。
まだまだ被害が無くならない詐欺ですが、少しでも減少することを願います。

出典元:twitter