台湾でコンサルタントをしている渡邊崇之さんが台湾人の劉維添さんと会ったのは2008年の初夏でした。
当時86歳だった劉維添さんは台湾北部・獅子頭山にある権化堂と呼ばれる寺院にある位牌の前で手を合わせていました。
「わざわざ日本から渡邊さんが来られましたよ」劉さんは位牌に呼びかけました。

この位牌は、第二次世界大戦中・台湾総督府警部として海軍巡査体を率いた廣枝音右衛門さんを祀るものです。
劉さんがこの位牌に向かって語りかけていたのには深い理由があったのです。

1943年、太平洋戦争中のフィリピン・マニラで劉さんは志願兵として海軍巡査隊に入隊します。
同時期に、日本海軍は戦争の拡大による占領地維持のための治安部隊である海軍巡査隊を編成。
指揮官として任命されたのが、廣枝音右衛門さんでした。廣枝さんは優しい人柄で慕われたそうです、
そして同年、台湾出身の警官2000名を中心に編成された巡査隊を率いてマニラ南部・ガヴィテに出征します。

劉さんは激戦のその地で廣枝警部が見せた壮絶な最期を語ります。
そしてその死には深い理由があったのです。

1945年、フィリピンの首都・マニラで日本軍と連合軍の壮絶な市街戦が行われました。
圧倒的な兵力、物量で押すアメリカ軍の前に絶対絶命に陥った日本軍は信じられない命令を下します。




日本海軍防衛隊は全軍を招集し、地雷棒などの爆薬を配り、敵戦車への体当たり攻撃の命令を下したのです。
つまりは「玉砕命令」です。しかし、この命令に対し廣枝隊長は驚くべき行動に出ます。

廣枝隊長は劉さんが所属していた部隊にこういいます「この期に及び玉砕するは真に犬死如かず。君たちは父母兄弟の待つ主地・台湾へ生還し、その再建に努めよ。責任は此の隊長が執る」
そう言って自身の拳銃で頭を撃ち自決したのです。廣枝隊長は自身の死をもって隊員の命を救おうとしたのです。

戦後、廣枝隊長の部下であった台湾警察官らによって結成された元台湾新竹州警友会は、1976年に台湾仏教の聖地である獅子頭山に隊長の位牌を祀り、それ以降、毎年慰霊祭が執り行われてきました。

1990年に厚生労働省が発表したデータによると、3万人を超える台湾人が太平洋戦争で日本兵として戦場に散っていきました。その一人であった劉さんも2013年、廣枝隊長の元へ旅立ちました。
私たちはこうした事実を忘れてはならないのです、そして風化させぬよう語り継がなくてはなりません。

出典元:imishin