みなさん、小学校を卒業して何年経ちますか?
もしも、今小学校のテストを受けたら…100点を取る自信はありますか?
とある友人の子供(小学2年生)のプリントを見た時のこと──。

「あめを4人に3こずつくばります。あめはぜんぶで何こいりますか。」
さて、あなたはこの問題にどう答えますか? 
その答案では「4×3=12」で「12個」と回答していました。
そうですよね。ですが…採点は△。
えっ!なんでこれ正解じゃないの?

中学の理科教師をしており高校の教員免許も所持しているその友人は、子供と算数の復習をしている時、「これが正解ではない理由」について、説明できなかったといいます。
そこで、連絡帳で先生に減点の理由を聞いたところ、回答は以下の通りでした。
「一つ分の数(かけられる数)を前に書き、いくつ分(かける数)を後ろに書くというやくそくで学習しています。問題では3こが一つ分の数になり、4人がいくつ分の数になるので、式としては3×4になります。よろしくお願いします」




大人のみなさん、理解できましたか?どういうこと?と、思われる方が多い事と思います。
これはつまり超簡単に整理すると…
3個を4回配るため「3×4」の式が、かけ算のルール的に正しいという内容かと思われます。問題の文章を数式で表すと「3+3+3+3」であり、「4+4+4」ではないということ。
しかし、4人を1箇所に集めて「分けろ」と4個ずつ3回置いたら「4+4+4」になるのでは…??うぉぉぉ出題者は、一体どう配ったのでしょう??なぜ?3個一気に渡していると断言できるのでしょうか??思わず混乱してしまう!

方程式を使うようになると、数字が右に行ったり、左に行ったりかなり自由になるため、数学の考え方に慣れ親しんでいる人ほど難問となる「3×4」と「4×3」の違い。こうやって解説されても、イマイチ納得できない方は、少なくないはず…もし、近くに小学生のお子さんがいらっしゃったら、現在の算数を一度見てみるのも楽しいかもしれませんね。

出典元:clover48