12月1日、テレビ朝日系「金曜★ロンドンハーツ」で、「突然、初対面の人に弟子入りを志願されたら、カズレーザーはどうするのか?」を検証したドッキリ企画が放送されました。
番組側は「すぐに断られて終わるだろう」と考えていようですがカズレーザーはアッサリとOK。
そしてドッキリ企画で1年にわたって検証。その弟子への対応が凄いと話題になっているようです。

今回カズレーザーに弟子入りしたのは、元々ファンだったというアマチュア芸人のフランスピアノの中川諒(25)!
会ったその日の夜に、カズレーザーから食事に誘うなど二人は交友を深めていきました。

途中で番組が忙しくなり二人の追跡を中断している間にも、師弟関係は深まり、終電を逃した中川をカズレーザーが自宅に泊めるほどの仲に。
さらに忙しい仕事の合間に、中川の出演番組を自分で調べてチェックし、ネタの感想を聞かれると何度もネタを確認、文字起こしまでして熱心にアドバイスを送っていました。
また、M-1で2回戦敗退したことを謝りに来た中川とその相方に、カズレーザーが「力になれなくてすみませんでした」と深々と頭を下げる場面も。
約1年間にも及んだドッキリの企画も、放送とともに終了。ですが中川は「これからも今みたいな関係を続けたい。企画が終わったからってスパッと終わりは嫌だ」と改めて弟子でいることを希望すると、カズレーザーも応じ、今後も師弟関係を続行することになったようです。




弟子への愛情こもった接し方に、ネット上では

https://twitter.com/azuma_con/status/936580512000479234?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fsirabee.com%2F2017%2F12%2F02%2F20161397367%2F

など称賛の声が多く寄せられました。ドッキリと分かった後も快く師弟関係を続けるカズレーザー。人柄の素晴らしさに感動したという人も多かったのではないでしょうか?今後も師弟関係を続行することになった二人を末永く応援していきたいですね!

出典元:sirabee