シンガーソングライター、俳優、エッセイストなどマルチに活躍している星野源さん。
彼の「気配り」にネットで「さすがです」との称賛の声が上がっています。

それは、星野がパーソナリティを務めている火曜日のオールナイトニッポンでのこと、星野がお休みのため、代役として依頼されたのが、ココリコの田中直樹と藤井隆でした。

そこで二人が語った星野源のさすがな「気配り」エピソードとは。

番組内では、田中と藤井が星野との食事会について話しました。
藤井の話では、 きっかけは、ドラマ共演だったが、撮影中は星野の体調を気遣い食事にいくことはなかったとか。
古田新太さん的に言えば、 星野は「砂みたいな」顔色をしていたそう。
多忙で疲れがたまっていたのかもしれません。
そんななか、星野から「ご飯いきたいです、ご飯行きたいです。」って田中を交えて食事に行きたいと誘ってくれたため実現したのだそうです。

当日は、星野が選んだお店で美味しいしゃぶしゃぶを食べ、お土産までいただいたと田中と藤井は、星野の気遣いを称賛してました。
また、帰るときにロンドンブーツの田村亮が合流し、賑やかな食事会となり、田中は、「とにかく楽しかってんな、その場が」と思い返していました。




田中と藤井は、この食事会についての話題の流れで今回のパーソナリティの依頼につながったのでは、と推測しながら、「源ちゃんの中で亮はいないことになっているの?」と田中が疑問を投げかけると藤井も「ていうのが俺はもうおかしくて」と二人して笑っていました。

しかし、番組の最後の星野からの録音コメントでは、田村亮の話にも触れ、「あの時亮さんも来られましたよね、突然ね。なので4人で亮さんも含め、ロンブーの亮さんも含めまた4人でご飯できればと思います」とコメントがあり、二人も星野の気遣いを称えました。

このエピソードにファンもネットに
「気配り源さん」
「亮君忘れてないところさすがです」
「さすが!星野さんはソツがない」
「いろんな人のことちゃんと考えてる」
と星野の配慮に称賛のコメントを寄せていた。

過去にも星野のコメントに反響が寄せられたことがありました。
自身の楽曲『Family Song』について「大変だと感じている人にこそ、やっぱり本当に幸せであってほしいという風に思ったりするので」と、
自分の中の本当に素直な気持ちを歌詞に込めることができたと語ったところ「星野源しか言えない言葉があるんだな。って思った。」などの、反響がありました。

出典元:e-talentbank