ビジネスの場ではいろいろな人と仕事をしますよね。
ある女性は、初対面の男性客にこんなことを言われたことを話していました。

「男性と担当を変わってくれ」
男性客が変えてほしいと言った理由は予想外のものだったのです。

担当者を変えるように言われたのは何回かあるという戸倉彩さん。
彼女は元コンピュータセキュリティーシステムエンジニアとして働いていて、男性客から担当を変更するように言われるたびにこのように思っていました。

女性の技術力に対する信頼感が薄い人が、そうした要望をあげるのだろう。

2016年、男女雇用機会均等法の改正後、男女が平等に扱われる傾向にあるといってもビジネスの場ではいまだに男女差別があるのです。

戸倉さんも性別が仕事に影響を与える「負の側面」と言うものをたくさん見たので「女性というだけで、信頼が得られないと思っていたのかもしれません。

しかし、その考え方が変わるような言葉を男性客が言っていたのでした。

男性の担当者に変えてほしいと言われてショックを受けていた戸倉さん。
しかし、男性の一言で今まで思っていた考えが変わったようでした。




このように戸倉さんはツイートしていました。

性差別かと言われるとどうなのだろうと思うことがありますが様々な反応があります。

・仕事をしていれば女性と接する機会もあると思う
・仕事なのだから慣れてほしい
・自分も同性同士のほうが、気持ちが楽だと感じるので共感できる

女性が苦手なシステムエンジニアは多い!
ちょっと可愛いと思った。

戸倉さんが出会った男性のように何か理由があるということがあるかもしれません。
しかし、その人の才能を見ていれば性別は関係ありませんよね。
男だからとか、女だからということではなく、その人を見て仕事をするべきという考えが広まるといいですね。

出典元:twitter