6日、叶美香さんがブログ更新し、姉の恭子さんが結婚しない理由について言及して話題を呼んでいます。

「ファビュラスな姉の愛のかたちは、日本ではとても特殊とされておりますが、最近やっと『ポリアモリー』という言葉で知られるようになってきましたよ」
と語り、加えて
「ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが“合意の上”でお付き合いをする(性愛関係を含む)ライフスタイルのことをいいますよ」
と説明してくれています。

元々、恭子さんは「いわゆる恋人というカテゴリーを持たない」と言っており、「結婚=幸せ」という価値観も全く持っていないそうで、今でも多くの男性からプロポーズされているにも関わらず、
「結婚した次の日に、それ以上ときめく人がわたくしの目の前にあらわれた時、わたくしは、きっと約束を守れないでしょう。結婚というその神聖な儀式のその約束を守れないのであればするべきではない、とてもシンプルです。それにそもそも、結婚というシステムに何の魅力も感じないのです」
というのが恭子さんの思いであり、
恭子さんなりの誠実な理由で断り続けていると明かしてくれています。




さらには、恭子さんの通称“グッドルッキング・ガイ”たちは、全員未婚者であることも強調していて、姉妹とも『結婚している方を愛する趣味もありません』と断言。

美香さんは、「素敵な方だなと思っても、結婚しているということですでに心にストップがかかります」と明かしています。

ブログの読者からは、
・やはり、そういうポリシーが存在することを確認させて頂きました。家庭をもつ、子どもを産む、その二つの経験にこだわらなければ、素晴らしい考え方だと思います
・色々な愛の形があるのですね!お姉様の生き方、考え方、とても誠実だと思います!
など様々な意見が寄せられていました。

とは言え、『自由恋愛』に対して「認められる」とする人は1割程度と低いことも現実であり、恭子さんのようなファビュラスな愛のカタチを受け入れるのには、一般ピープルとしては非常に難しいようでした…<(_ _)>

出典元:sirabee