あるTwitterユーザーさんが投稿した、動物園の喫煙所で見かけたというモノを巡って様々な意見が寄せられています。
ユーモアを感じられる人も多い反面、「喫煙者叩き」として捉える人が多かったこちらのプレート。
愛煙家とそうでない人で意見は様々だとは思いますが・・・
そのプレートの画像がこちらです。

このプレートに対する意見がこちらです。

“この裏側に「嫌煙者」の説明が書いてあったりしたら面白い”




“最後まで読めば喫煙者への配慮を感じます。和む。”

“私は喫煙者ですがこれはユーモアがあっていいと思います 必要以上のヘイトがある文章でもないですし”

そして反対意見として…

“わざわざしなくても良い事をする人や一言多い人、ほんと増えたよなぁ”

“これはあくまで個人の意見なんですけど、これって喫煙所ですよね?
歩き煙草や吸い殻のポイ捨ては許されざる行為ですが、喫煙所は基本は誰にも迷惑をかけず喫煙者が落ち着いて煙草を吸える唯一の場所ですよね?
これを見ると喫煙者は迫害される一方なんだなと感じます。
世間では喫煙=悪なのですね。”

すでにこのプレートは撤去されているらしいのですが、喫煙者の方であっても理解の声も寄せられているようですし、このようなユーモアがあってもいいのではないかと個人的には思いますが、みなさんはどう感じますか?

出典元:clover48