ウィンザー城周辺を警備しているイギリス王室近衛兵に
しつこく嫌がらせをする観光客が愚かすぎると話題になっています。

このアジア系と見られる男性は、
警備にあたっている近衛兵に並んで歩き出します。

彼の友人たちはそれを撮影しながらクスクスと笑っています。

近衛兵はそれでも冷静に任務を遂行していましたが、
男性が近衛兵の肩に手を置いた瞬間・・・

近衛兵は男性にライフルを向け、
「女王陛下の近衛兵から離れろ!」と一喝!

イギリス国防省はこの動画に対し、
「観光客は近衛兵に敬意を持つように」と警告しています。

近衛兵はテーマパークのアトラクションではなく本物の兵隊。

赤い制服と黒皮帽子の彼らは、
女王陛下をはじめとする王室の人々を
警護するという重責を担っているのです。

近衛兵はこの観光客をその場で
逮捕することも可能だったとのこと。

ライフルを観光客に向けたのは、その近衛兵にとって
『最後の警告』であったのではないでしょうか。

観光する際には、きちんとその国の文化を理解し、
尊重することを忘れてはいけませんね。

出典元:Why you don’t harass the Queen’s Guard