孤島に女1人と男32人~女をめぐって起こったとんでもない事件とは?

65,064 views

画像:www.tanken.com 

アナタハンの女王事件

そのおぞましい事件は1945年から1950年にかけて太平洋マリアナ諸島に位置する孤島アナタハン島で起こった。
 
 
【戦後70年】戦中から戦後にかけて、太平洋の小島・アナタハン島に日本人の女が1人­と男が32人取り残されてしまった。

軍に救助されるまでの6年間、女をめぐっての殺人­や行方不明者が相次いだ。
 
 
サイパン島から北の方へ約117kmの場所に位置する「アナタハン島」。

太平洋・マリ­アナ諸島の小島である。長さは約9km、幅は約3.7kmの小さな島で、島の中心部は­ジャングルになっている。

無人島ではない。
 
 
終戦間近の昭和19年(1944年)、当時この島には日本企業である「南洋興発」が進­出しており、ここでヤシ林を経営していた。

比嘉和子(ひか かずこ)(24)はこのアナタハン島に住んでいた。

和子の夫・正一が南洋興発の社員で­あり、アナタハン島に転勤になったためだ。

詳しくは動画で
 ↓  ↓  ↓

出典元:youtu.be

———————-

波乱万丈と呼ぶにふさわしい人生です。

もしあなたが事件の当事者だったら

どうなってたと思いますか?

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑