6年間引きこもった髭男爵山田ルイ53世が自身の体験を語る!『完璧な自分』とは…?

このたび、お笑い芸人の髭男爵・山田ルイ53世が自らの

「6年間の引きこもり体験」について語った読売新聞掲載の記事が、考えさせられると大きな話題を呼んでいます。

中学2年生から6年間引きこもりだった彼は、ある些細なきっかけで引きこもるようになってしまいました。

そこに到るまでの追い詰められていった自分、6年間の引きこもり体験を通して無駄だったと感じる今。

彼だけではなく、今現在引きこもり中の方も、そんな考えが無縁だった方も、何かを感じるかもしれません。

完璧な自分を求め、

「自分を許してあげられなかった、あきらめてあげられなかったのが、苦しむ原因になりました」

と語る山田さん。

苦しい体験をしたからこそ核心を突く言葉に、ハッとさせられます。

簡単だけど難しい「あるがままを認めてあげる」ことが、時として本当に大切になってくるのだと思います。

思い通りの自分になれず、心労を感じてしまった経験は、多かれ少なかれ誰にでもあるはずです。

だからこそ心が疲れてしまうことは、誰にでも起こり得ること。

そこで無理をせず、ゆっくり焦らず休んでみるのもいいのかもしれません。

ネット上では共感の声が多いようです。

ほとんど人が本当はキラキラした生活なんて送っていないのに、

キラキラしたフリをしているのが現状かもしれませんね。

今の時代だからこそ考える問題なのかもしれません。

出典元:Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑