2016年6月9日に夫である市川海老蔵さんが会見を開き、妻である小林麻央さんが乳がんであることを明かしました。その会見では乳がんの進行具合など詳しい内容は伏せ、後日小林麻央さんが自身のブログにてステージ4であることを報告しました。それ以来ブログにて闘病中の様子や心境を逐次報告し続けています。
ブログでは強い心を持って乳がんと戦っている姿を見せて、私達や闘病中の方に勇気を与えてくれています。
いつも力強い前向きな姿勢を見せてくれている小林麻央さんですが、5月21日に更新したブログでショックから涙してしまったことがあったと綴っていました。
その理由がこちら。

今朝は、着替えるときに、
裸で鏡の前に立ってみると、

私が恐れていた姿に近い身体が
写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、
泣いてしまいました。




つい涙してしまった理由は、病気の進行具合が自分の身体に形となって現れてしまったからでした。病気は進行していると頭でわかっていても、つい「そんなに進行していないのでは…?」と微かな希望を考えてしまうものです。実際に目にしてしまうとそんな希望さえも完全に打ち砕かれてしまいます。想像するだけでつらいです。
しかし、麻央さんはすぐに「涙を流していてもどうしようもない」と気付き、豆乳ココアを飲んで心を無理やり落ち着かせました。

そしてすぐに今できることを頑張るしかないと切り替え、病院食をおかゆ半分以外完食したのです。
そのときにこんなことを思ったそうです。

三分粥食のおかずやスープを頂いていると、
麗禾や勸玄に作っていた離乳食を思い出してきます。
こんなに大きく成長した2人。
私もここからまた成長し直す気持ちでいます。

麻央さんはどこまでも前向きで、生きる元気を貰えます。
麻央さんが再び健康を取り戻せることをただただ祈るばかりです。

出典元:academic-box