小林麻央さんの手記「もし私が死んだら」→その内容を読んだら泣かずにはいられない。。。

16,433 views

2017年6月23日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんが34歳という若さで亡くなりました。
フリーアナウンサーとして活躍した小林さんは、2010年の7月に市川海老蔵さんと結婚。
麗禾ちゃん、勤玄君という可愛いお子さんにも恵まれ、幸せな家庭を築きました。

しかし、2016年のまだ暑さも始まりの6月頃、乳がんを患っている事が世間に公表されます。
辛い闘病生活に耐えながらも、「陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。」と、自身のブログで思いをつづっていました。

先月の6月23日に海老蔵さんが行った記者会見では、「愛している、といって彼女は旅立ちました。何といえばいいのでしょうか。こんなに、愛されているのは分かっていたのですが・・・最後の最後まで、愛していてくれていたことを・・・」と、とぎれとぎれになりながらも、今の心境や最後の麻央さんの姿を語っています。

涙を流しながら、「できれば、ずっと一緒にいたかった・・・」と。

小林さんが生前、イギリスの報道番組、【BBCニュース】に寄贈した日本語の手記は、英訳されて全世界の人々のもとに届けられています。
その文がこちらになります。

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。

BBCニュース ーより引用

いつも前向きで明るかった麻央さん
麻央さんの優しい人柄と笑顔、穏やかな口調は世界中の人々から愛されていくことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

出典元:bbc

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑