6月22日に癌のため夭逝した、歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの妻、小林麻央さん。この程、姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さんが、乗車したタクシーの車内で偶然にも、「生前の麻央さんを乗せた事がある」という運転手さんに出会ったと綴られたブログ記事が、多くの反響を呼んでいます。

 それは10月25日、風邪のため病院へ向かう麻耶さんが乗車したタクシー内での出来事です。
不意に運転手さんから「麻央さん、お姉さんの事すごく心配されてましたよ」と切り出されました。何とその運転手さんは、生前の麻央さんをこのタクシーに乗せた事があったのです。驚く麻耶さんに運転手さんは…

「ちょうど麻耶さんがCDを出された頃かな。麻央さんを乗せたんだけどね。顔色が良くなくてもう相当具合が悪いのかなと思ったんだけど、麻耶さんの献血のラジオ番組の話をしたら、ぜひ姉のCD買ってあげてくださいって。いい妹さんだね…本当にお姉さんの事心配してたよ」

 実際に麻耶さんは2016年1月に「ブリカマぶるーす」という曲でCDデビューを果たしており、突然に生前の妹の思いを知った麻耶さんは、涙が止まらなくなってしまったそうです。




 実は麻耶さんは「献血に行きたくなるような歌を作りたい」と、麻央さんに話していた事があったのです。
闘病生活の中でも姉の事を気にかけ、運転手さんにも「CDを買ってあげてください」とお願いしていた麻央さん。

「私の夢を本気になって実現しようとしてくれてたんだ。まおちゃん、ありがとう」

麻耶さんは改めて、亡き妹への感謝の気持ちを思いました。

 麻耶さんも「不思議なご縁」と思った出来事。ブログ読者からは、姉を思う生前の麻央さんの様子に多くの反響が寄せられています。

「私も涙が止まらないよ…神様からのプレゼントだね」

「ご縁って素晴らしい。出会うべくしてこのタクシーに乗ったんでしょうね。麻央ちゃんの愛が巡り巡って今、こうして麻耶ちゃんに伝わるなんて…。麻央ちゃんの大きな愛、麻耶ちゃんの麻央ちゃんを想う優しい愛、いつも絶対繋がってますよね」

 縁と偶然と、大切な人をいつも想う強く尊い気持ちが結び合ったこの出来事に、麻耶さんの夢の実現を願う気持ちとあわせて、多くの人々が心を打たれています。

出典元:sirabee