国際社会調査プログラム(ISSP)によると、「日本人の夫は“世界一”家事育児をしない」という調査結果が出たそうです。

特に九州・山口地域の男性は、家事関連に携わる時間が全国平均よりもさらに短いとの事で、妻は夫に比べるとなんと約7倍も多く働いているという結果も出ています。

そんな事情を知った佐賀県・宮崎県・山口県の知事たちによる試みが話題になっています。
画像引用元:YouTube 

それは、“世界一”家事育児をしない日本男児を代表して「妊婦体験」をするというもの。

特製の妊婦ジャケットを着用し、妊娠7カ月の妊婦になった知事たちの日常とは…