女優の藤原紀香さんらが宣伝し、一気に話題になった水素水。
健康や美容によいとのことで、積極的に取り入れようとした方も多いようです。

しかし、他方でその効果には疑問も投げ掛けられていました。
そこで、独立行政法人国民生活センターが水素水の検証を行ったのです。

やはりというか、残念ながらというか、どうやら謳われていた効果はデタラメだった様子……。
検証報告からは、国民生活センターの本気度が伝わってきます。

そこから明らかになった水素水の真実とは、どのようなものだったのでしょうか。

以下の画像をご覧ください。
国民生活センターでは、なんと一般に売られている水素水の商品を10点、水素水を生みだす生成器を9点揃え、「表示・広告」「溶存水素濃度」という2つの観点から綿密な調査を行っています。
加えて、事業者へのアンケート結果も取りまとめ、消費者に情報提供するという気合の入れよう。

結果、消費者へのアドバイスとしては、次の3点。

(1)水素水には公的な定義がない。特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品として許可・届出されたものは、現在のところない。
(2)容器入り水素水のパッケージに表示されている濃度は、必ずしもこの通りの濃度となっているわけではない。
(3)水に溶けている水素ガス(水素分子)は、時間が経つと徐々に抜けていく。




結局のところ、水素水が健康にいいと認められることもなく、水素水の健康・美容効果はデタラメだという結論になりました。

話題になった水素水だけに、マスメディアもその効能のインチキを報道し始めました。

これらの情報を受けて、水素水を販売している大手メーカーの一つである伊藤園は、HPでガッカリするような回答を示しています。

Q6. どんな健康効果がありますか?
A6. 伊藤園が販売する水素水は医薬品ではないため、健康効果を標ぼうするものではありません。

Q9. なぜ水素水を販売しているのですか?
A9.水分補給の1つの選択肢として販売しております。

伊藤園の水素水といえば、なかなかいいお値段だったはず……。

たとえデタラメでも、信じることに意味があるという人もいるのかも知れませんが、消費者を騙して効果のない水を売りつけるのはいかがなものかと思います。
今回の国民生活センターの検証を契機として、水素水の嘘が多くの人に伝わっていけばいいですね。

出典元:netgeek