【悲劇?】親子鳥のビフォーアフター!ブラック過ぎる年賀状とは……?※画像あり

9,094 views

海外に年賀状を送りたい場合、年賀はがきに18円分の切手を貼り付ければ国際郵便はがきとして配達してくれるのをご存知でしょうか?

とあるTwitterユーザーが国際郵便はがきを送ろうとした時のことです。
その方は、とんでもない「ある事実」に気付いてしまいました!
ちょっとした運命のいたずらか、その年賀はがきが、すさまじくブラックな意味合いを持つようになってしまった、という風に見えるというのです。

めでたいはずの年賀状までブラックになってしまうその事実とは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

Twitterユーザーの侘助さん(@wavisque)は、海外へ年賀状を送ろうとしました。
そこで18円切手を貼り付けてみたところ……

あっ……。

これはもう、「調理前/調理後」にしか見えません……。
日本郵便の出している差額用切手は、通常のはがきと海外用のはがきの差額を埋め合わせるためのものです。

2016年の差額用切手は、「SOBA」と「OYAKODON」。
国内外の人々が日本をイメージしやすいように、との決定だったようですが……。

このあまりにブラックに過ぎるジョークに、Twitter上でも反響が続々と寄せられていました。

・親子丼になる前の最後の地鶏の自撮り。
・鳥だけにストーリー性を感じますね
・劇的ビフォーアフター的な感じでしょうか。
・遺影とってるw
・地鶏(自撮り)かな?←

これが偶然だとしたら、悪魔的な巡り合わせでしたね。
このような年賀状を受け取ったら、思わず苦笑してしまいそうです(笑)

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑