【悲惨な現在】「マネーの虎」の社長達は?今明かされる驚愕の「その後」!!!※画像あり

29,474 views

2001年10月から2004年3月まで日本テレビで放送され人気を集めた「マネーの虎」。経営者として成功している個性的な審査員達が注目を集めましたが、放送終了から10年以上が経過し「あの人達は今どうしてる?」と再び関心を呼んでいます。

「マネーの虎」は起業を志す人が経営計画をプレゼンし、審査員が出資の可否を判断するという”投資バラエティ”。俳優の吉田栄作がMCを務め、当初は関東ローカルの深夜放送でスタート。その後はゴールデンに進出しました。

詰めの甘い計画や独りよがりの計画には審査員が容赦なく罵声を浴びせるなど、緊迫したやり取りが見所。厳しい目をくぐりぬけて見事投資を勝ち取ると、感動に包まれました。

人気の一翼を担った審査員達でしたが、現在ネット上では彼らの「その後」が注目を集めています。成功者はずっと成功者のままなのか、それとも・・・

上野健一(元㈱ZKR社長)

一時は年商72億円を上げた不動産開発会社の辣腕経営者。その後は事業に失敗し、負債額は167億円に上ります。

川原ひろし(元なんでんかんでんフーズ㈱代表取締役)

豚骨ラーメン「なんでんかんでん」を全国にチェーン展開。しかし売上げ低迷で店舗数が激減、5億円の借金を抱えました。

安田久(元エイチワイジャパン㈱代表取締役)

エンターテインメントレストランのさきがけとして風変わりな店を次々と展開。しかしプロジェクトの失敗で3億円余りの負債を抱え自己破産しました。

小林敬(元㈱小林事務所代表取締役)

飲食フランチャイズを全国展開し、かつての年商は56億円。その後は経営20億円の負債を抱え自己破産したそうです。

堀之内九一郎(元㈱生活倉庫代表取締役)

ホームレスを経験した苦労人。リサイクルショップを全国展開し、年商は一時100億円余り。しかし競争激化で15億円の負債を抱えました。

審査員の中には現在も経営者として成功を続けている人ももちろんいます。しかし、ひとつ歯車が狂えば転落のリスクを伴うのが経営者の辛い定めですね。

出典元:hitomoti

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑