2001年に公開され、日本歴代興行収入第1位となる300億円興行収入を記録したアニメ映画「千と千尋の神隠し」。内容の解釈などを通じて様々な論議を呼んだ作品でもありますが、その中に「この食べ物は何」と注目を集めた食べ物があります。

その食べ物は、ストーリーの序盤に登場します。千尋の父母がとある飲食店でむさぼるように食べまくり、次第に豚に姿を変えてしまう、あの印象的なシーンを覚えているでしょうか?そこでお父さんが食べているのが、ぶよぶよとした謎の食べ物。日本では見たことのないような謎の食べ物です。

ネット上では、この食べ物は台湾のご当地グルメ「肉圓(バーワン)」という説が出回っています。バーワンは、サツマイモの粉などで作った皮に豚肉やシイタケなどが入った餡を包み、油で揚げたり蒸したりする食べ物。台湾ではよく知られたB級グルメです。

ところが、「この食べ物はバーワンではない」と真っ向から否定する台湾グルメ通の意見もあります。台湾グルメ通によると、バーワンはプルプルとはしているが映画のようにビヨ~ンと伸びたりはしないとのこと。また、この台湾グルメ通がジブリ側に問い合わせたところ、バーワン説を否定し「特定の食べ物ではない」と回答したそうです。

いずれにしても、メインのストーリーとはほぼ無関係の部分まで今でも話題になる「千と千尋の神隠し」は、あらためて影響力の大きい映画ですね。現在大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」も、後々まで話題に上る作品になるのでしょうか。

出典元:twitter