2009年のオールスターゲーム始球式でのこと。この日始球式を務めたオバマ大統領に対する“サインおねだり禁止令”が出ている中で、なんとしてもオバマ大統領のサインがほしかったイチローはある行動に出ます。
そこでのオバマ大統領の対応と2人のやり取りが素敵すぎたのでご紹介したいと思います!

オールスターゲーム当日、選手を含め多くの人たちが大統領にサインを求めることを想定してか、混乱を避けるための対策だったと思われますが、“オバマ大統領へのサインおねだり禁止令“が出ていました。

そんな中、オバマ大統領の事が大好きなイチローは、どうにかサインをもらおうと練りに練った作戦を実行に移しました。

その作戦とは?
また、その作戦に対しオバマ大統領がとった行動とは?

イチローはサインをGETするため、オバマ大統領の目の前でボールを落としました。
すると意図を察してくれたのか、オバマ大統領は「サインがほしいのか?」と気さくな笑顔でボールを拾い上げ、そこに自らサインを書いてくれたのだそう。




イチローは思わず「やったーーーー!!」と少年のような笑みでカメラへ視線を送りました。

この行動、作戦とは言えイチローは自分からサインをおねだりするようなことはしていないので、ルール違反は犯していないといえますよね。

そしてなんとこの後、オバマ大統領から自分もイチローのファンだという内容の言葉や、「イチローは日米関係の象徴」とまで言ってもらえたのだそう。

これ、トランプ氏だったらどんな行動をとったでしょうね・・・

オバマ大統領の偉大さを改めて感じさせられた出来事だったのではないでしょうか。
任期を終えたオバマ氏の素晴らしい人格が今、再評価されているのも納得です。

すてきな2人の対面の様子に、なんだか幸せな気分にさせてもらえました。

出典元:netgeek.biz