掲示板ビジネスやニコニコ動画の運営(ニワンゴ)で成功した西村ひろゆき氏が
サイバーエージェントのAbema(アベマ)TVについて悲観的な予測を出しネット上でも話題となっている。

現在はフランス在住だという2ちゃんねる管理人の西村ひろゆき氏だが、その西村氏が久々にテレビに登場し、インターネットTV局について質問されるとAbemaTVについてかなり悲観的な意見を述べた。

インターネットTV局について質問された西村氏は苦笑いをしながら、「あんまりいうとよくないと思うんですけど・・・」と前置きをした後、「AbemaTVはそんなに伸びないと思うんですよ。」と答え、さらにこう続けた。
「本質的に無理なんですよ。インターネットって繋ぐときにサーバーが一人ひとりに情報を送っているんですよ。でもテレビって電波塔から電波を垂れ流しているだけで、勝手に受信するじゃないですか?だからテレビは一人あたりに情報を送るコストがめちゃくちゃ安いんですよ」
「テレビは1千万人に送ろうと思ってもコストは変わらないけど、ネットって1千万人だと、じゃあサーバー100台買わないといけない。で、1千万人見ました。その後の100台どうするの?別にみんなずっと見続けるわけではない。サーバーの維持費かかるし…」




西村氏は、無料で推し進めるAbemaTVに対し、正反対の方針で「特定のマニアックな人向けに月額1万円で番組をつくるなら分かる。例えば編み物が好きな人を集める番組とかだったら全然うまくいくんですよ。AbemaTVってみんなが面白いと思うものをつくろうとしているからテレビと完全にバッティングしているんですよ。それでコストで負ける」
「テレビはネットに進出できるけど、ネットはテレビに進出できないんですよ。戦ったらどっちが有利かって言ったら、テレビに決まってるじゃないですか。テレビ局はテレビもやりつつ、マニアックな番組をネットで売ればいい。例えば、10年前の大阪のドラマが1,000円払ってでも見たいって人いるじゃないですか?でも全国の人は興味ないって状況。そういうのをネットで課金して売るっていうのをやれば儲かりますよ」と語った。

出典元:netgeek