女性の方ならば子どもの頃に誰もが遊んだことがあるのではないかというくらい、世界中で長い間愛され続けている、着せ替え人形『バービー』。これまでいろいろなバービーが誕生し、販売されたのも人気が続く理由のひとつです。そんな人気のバービーですが、2002年に発売された、とあるバービーが販売中止となった事実をご存知でしょうか?ショッキングなバービーを今日はご紹介します。

女の子は昔から着せ替え人形が大好き。バービー人形が誕生する前は紙の人形に着せ替えて遊んでいました。それを見たアメリカのおもちゃ会社の創始者が1959年に平面的な紙ではなく、立体的な人形にするともっと楽しいのではないかと考え、バービー人形を考案しました。
開発・製造は当初、主に日本でされていたのをご存知ですか?

プロフィールでは職業が「モデル」というだけあってスタイル抜群!
その後も時代に合ったスタイルや表情に変えながら今日まで人気を保っています。

「着せ替え人形」と謳っているので当然、いろいろな服が似合います。
ゴージャスなドレスや、ニューヨーカーのように洗練された雰囲気の服、何でも着こなします。

女の子は豊富な着せ替える服のバリエーションに、次々と新しい服を買って着せては楽しんでいます。今ではメーカーの既製品だけでなく、自作の衣装を販売する人も多いようですね。

衣装が増えて来ると、収納場所も必要になってきます。
衣装を収納するためのクローゼットだって、ちゃんとありますよ!
靴やバッグ、ネックレスなどと一緒に収納していると、パッと見は実際のクローゼットと見間違うほど、良く出来てますね☆筆者も子どもの頃、こんなの欲しかったな…

さて、いよいよ衝撃の問題作の登場です!パッケージは普通ですね。

服の上からもわかるほどのお腹!服を脱がせてみると、お腹がポッコリと出ていて、まさに『妊婦体型』。お腹の辺りにつなぎ目があるのが気になりますね…




何と!お腹の辺りのつなぎ目からまるでふたを開けるようにお腹が開きました。そうすると中には…
あなたはこれをみてどう思いましたか?
。。。ちなみに、この画像を見たときの筆者の第一声は「逆子!!!」でしたが。

この赤ちゃん人形、指でグイグイと取り出してあげて、無事出産完了☆
…でもちょっと取り上げ方、荒くない?

お腹の赤ちゃんにはちゃんと性別の設定がありますが、男の子か、女の子かは開封しないと分からないとのこと…。ちなみに、画像で紹介されていたバービーちゃんは「男の子を出産」しました。

出産が終わると、赤ちゃんのいたスペースからお腹のパーツが競りあがってきて、ペタンコお腹に早変わり。産後すぐ体型が戻るなんて、うらやましいわ…(経産婦の嘆き)
でも、つなぎ目は気になりますね。

追い打ちをかけるように、このバービーちゃんには驚きの特典が…!それは、透明なバービーのお腹に、羊水に浮かんだ状態の胎児が組み合わされたストラップ。

どこにこんなん付けんねん…!!
周りの目が気になること必至!!

こんなに衝撃的なバービーちゃんは、残念ながら販売中止になってしまいました。「子どもには刺激が強いもんね」「ちょっとリアル過ぎたからかな?」などの感想を持ったかもしれません。世間でもいろいろな意見があったようです。しかし、メーカー側の販売中止の理由は、そんなものではありませんでした。

理由、それは「結婚指輪をしていないから」

未婚の母、未成年出産など社会的な問題を鑑みて、との理由で販売中止にしてしまったそうです。

出典元:academic-box