友好な関係の裏にはやはりどうしても解決し難い問題もあるのかもしれない。ドナルド・トランプ大統領と安倍総理が口論しているように見える写真が波紋を呼んでいる。

世界中で話題になっている写真はこちら。

両手を大きく広げたトランプ大統領は安倍総理に極めて近い距離で文句を言っているように見える。対して安倍総理は両手で拳を握り、絶対に譲らないという意思があるような雰囲気。

この写真はgettyimagesに掲載されたもので、2月10日にホワイトハウスで撮られたものだと説明されている。にこやかな会見の裏ではギリギリの攻防があったのかもしれない。

特徴的なのは、安倍総理が通訳なしで会話している点とシークレットサービスがいない点。何か二人だけで内密に話したいことがあったと思われる。

この写真に対し、ネット上では様々な考察が飛び交った。

・体育館裏に呼び出された不良といじめられっ子

・ただの雑談をしていただけ

・ドナルド・トランプ「こんなでっかい冷蔵庫買ったんだよ」 安倍総理「へーそれより、ちょっと寒くない?(手をグーにする)」

・じゃんけんぽん

・安部マリオにクッパが襲いかかっている

・実は抱きつく瞬間

・怒っているのは安倍総理のほうでトランプ大統領が必死に弁解している

・安倍総理ではない

推察し始めればキリがない。何があったのか真相を知るのは二人だけで、おそらくこのまま真相が明かされることはないだろう。

もっとも、その後のトランプ大統領と安倍総理は極めて良好な関係を築くことに成功したようだ。

トランプ大統領はFacebookやTwitter、Instagramで安倍総理とのゴルフ写真を公開してご満悦な様子。世界各国の首脳陣がトランプ大統領を批判する中で唯一、安倍総理だけがトランプ大統領を率直に受け入れ、懐に飛び込むことに成功した。

スケジュールを見ても一緒にいる時間が長く、日本としては国益に繋がる良い関係にあると推察される。今回の安倍総理のいち早い動きは大変評価されるべきものであろう。




ただし、一部ではトランプ大統領と安倍総理の関係を揶揄する者もいる。

(1)海外メディアの風刺画。「アメリカと日本の関係」。安倍総理はトランプ大統領の家来として使われているだけ?

(2)民進党の蓮舫代表。トランプ大統領の差別的なところが嫌いらしい。二重国籍問題を抱えている蓮舫氏らしい見解。

蓮舫・民進党代表

トランプ大統領がまた人権を侵害するような行動をしないか、厳しいまなざしが向けられている中、トランプ大統領とにこやかにゴルフに興じている日本の総理というのは、私は誇れるものではないと思う。

(党本部で記者団に)

http://www.asahi.com/articles/ASK2C5H56K2CUTFK00J.html?iref=comtop_8_06

(3)民進党の小西ひろゆき議員。トランプ大統領と安倍総理のツーショットを見た目で侮辱する。

政治家には個人的な好みは置いておいて国益のために仕事をしてもらいたいものだ。安倍総理が日本のために頑張って働きかけている姿を外野がとやかく文句を言うべきではないと思う。

おまけ。

不動産王トランプ氏のビジネスの手法は不動産デベロッパーとしてお手本のようなやり方。

ビジネスは非常に上手なトランプ氏。さすが億万長者に成り上がっただけのことはある。ただし、政治は素人なのでその点では安倍総理のほうが一枚も二枚も上手かもしれない。

トランプ、私はとても苦手ですが、彼には何か裏にあるだろうなと思っていました。さてさて、これからどうなりますかね?

出典元:netgeek