3月6日、予算委員会で民進党党首、蓮紡議員が質問に立ちました。最近の蓮紡さんといえば、党内での統率力のなさが浮き彫りになってしまっている感じですよね。
まさしく今回も同じ結末になり、中継をみていた視聴者から爆笑されてしまうという何とも悲しいことになってしまいました。
問題は間違ったデータで安倍首相に詰め寄るも間違いを指摘されてしまったということなんです。確認、把握していないで質問に立つ蓮紡さんもいい加減だと思ってしまいますが、このデータをつくった民進党内部の状況が手に取るようにわかってしまう一幕となりました。

内容を詳しくいうと、蓮紡党首はまず師匠と仰ぐ野田内閣時での功績をたたえ、日本のエネルギー消費量は順調に減ってきており、日本は環境に優しい国になったと語ります。その上で安倍内閣の計画でエネルギー消費量の予定が増えていることを批判するのです。
「2012年に立てた2030年目標が実は2015年にすでに達成されました。節電・再エネの技術力のおかげだと思います。新しい自然エネルギー立国を目指してもっと少なくしていこう。ところが、政府の見通しではむしろ増やしてるんですね。2030年は21%増やす計画、これは総理なぜでしょうか?」
“そんなに早く達成できたんかい!”と思ってしまいましたがこのとき、世耕経産大臣が発言をします。
「先ほどから数字の責任などとおっしゃってますが、このグラフは誤解があると思いますよ。同じベースで比較しないとおかしいですよね」
なんと蓮紡党首が出した2012年のデータは総発電量で再生可能エネルギーや自家発電などもすべて含んだ数字で、2015年のデータは大手電力会社10社の合計値であることがわかりました。
違う数字比べたってダメじゃんねー!!と小学生でも言ったことでしょう。
引き続いて世耕大臣は「これでは比較のしようがないわけです。これ、逆にどういう比較をしているのか教えて頂きたいわけであります!!!…が、私はもう答えが分かってますから。2015年を総発電量ベースにすればまだ野田内閣の目標値には達してません」
と、あっさり蓮紡党首の質問の土台をばっさりと切り捨てました。

これに中継の視聴者からは爆笑コメントが相次ぎました。蓮紡さん、お疲れ様でした!となるところですがさすがは党首、ちょっとのことではへこたれませんでした!

間違いを指摘されるもそれについては言及せず、省エネや再エネを推しすすめたほうが地方雇用につながると持論を語り、「安倍首相、私の考えいかがですか!?」ときっぱり。

しかしそこでまた世耕大臣が、
「あの…お答えする前にそのパネル下げて下さい。間違ってますので。データが」というからまたも視聴者は大爆笑。ナイスタイミングです!大臣。
でもこの世耕大臣の頭の回転の早さには驚きますね。そして「日本中を停電させるわけにはいかないので無理です!」と答弁しました。もはや質問の意味がないのですから答える義務もないような気がしますが。

記者会見では、「世耕大臣が過大な反論をされてましたけど、自家発電を入れても入れなくても目標を達成していることには変わりはありません」と反論しましたがそれならばそのデータを使えば良かったものをと思いますよね。
ここまでくると蓮紡党首がかわいそうになってきてしまいます。
再生可能エネルギーの利用や原発の問題など、本来しっかりと議論すべき問題で国民の意識も高いはず。なのにこんな茶番にしてしまうとは悲しい限りです。
党内で孤立しているようにも見える蓮紡党首と民進党の今後はどうなってしまうのでしょうか!?

出典元:netgeek