【放送事故】大河ドラマ「真田丸」で写ってはいけないものが…一体何が??※画像あり

32,812 views

毎年、1月から始まるNHKの大河ドラマ。
誰が何を演じるのか、脚本家は誰なのか、企画が発表された頃から話題になりますね。

2016年の大河ドラマは「真田丸」でした。
三谷幸喜さんが脚本、堺雅人さんが主演で大きな話題となりました。
堺雅人さん演じる真田信繁(幸村)の、父親役真田昌幸を演じた草刈正雄さんの演技もとても素晴らしかったですね。

実は、第30回の「黄昏」で、戦国時代が舞台となっているこのドラマにあるまじきシーンが放送されてしまいました…。

その問題のシーンがこちら。

昌幸と妻の薫、信之の正室稲と側室こうが孫たちを囲んでの、楽しそうな家族のシーンです。
こちらの場面、どこがおかしなところかわかりますか?

抱っこした際に、赤ちゃんのきものの裾がめくれ、おむつが見えていますが…なんとこれは「紙おむつ」では…。
「真田丸」は、戦国時代、ですよね?

こちらのシーン、再放送の際にはカットされた模様です。

ネットでは「ここまで作り込んでるのにスタッフさんチェックできなかったんだろうなあ…」といった声も上がりました。

スタッフさんも発見時は、衝撃的だったことでしょう。
また、ファンの方たちがいかにすみずみまで映像を見ているかという事にも驚きです。
他にもないかな?とつい、違う目線でドラマに注目してしまいそうですね!

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑