高須クリニックの高須克弥院長が、民進党の大西健介議員が高須クリニックを侮辱する名誉毀損を行ったとして訴訟を起こした。

併せて民進党の代表である蓮舫議員も訴えたのだが、これにはある理由があると言われています。

高須院長は蓮舫議員を訴えた理由として「代表責任がある」としている。

確かにその通りかもしれないが、蓮舫議員がこの件に関して直接関わったわけではないことから、今回の噂が出てきました。

高須院長が蓮舫議員も訴えた理由、それは高須院長が蓮舫議員の戸籍謄本を第三者開示請求で入手できる可能性があるからと言われています。

戸籍謄本は通常本人しか見ることが出来ない。

しかし法務省のHPにはこのようにある。

Q9 第三者が戸籍謄本を請求することができる場合とは、具体的にはどのような場合をいうのでしょうか。

A 自分の権利を行使したり、自分の義務を履行したりするために戸籍の記載事項を確認する必要があるような場合や、国等に提出する必要があるような場合等をいいます。




はっきりと「第三者による開示が認められることがある」と明記されています。

高須院長は顧問弁護士とかなり綿密な打ち合わせをしており、かなり勝算があると自信を見せている。

裁判が理由ならば蓮舫議員がいくら拒否しようとも戸籍謄本の情報が開示される。

これは今日本中が待ち望んでいることではないだろうか。

大西健介議員は「特定の名前は出していない」として名誉毀損にあたらないと反論していますが、どう考えても無理があります。

これでは特定の名前を出したも同然です。

更に言えば、そもそも高須クリニックは悪徳クリニックではないので、それを事例に挙げたのは失敗でしたね。

裁判の勝敗も気になりますが、蓮舫議員がひた隠しにしてきた情報が開示されるかもしれないとあって、今後も要注目なのは間違いありません。

出典元:netgeek