Twitterで大流行した「彼氏/彼女と○○なう に使っていいよ」

2017年2月にアイドルの鹿目凛さんによる「彼女とデートなう に使っていいよ」から始まったそうです。

「使っていいよ」とは、写真のこと。目の前にいるような写真をファンが自分のツイートに添付して「彼女とデートなう」などとつぶやいて遊ぶというもの。

これがじわじわと広がっていったようで、声優の山寺宏一さんや緒方恵美さん、橋本環奈さんといった著名人までが発信するようになっていったそうです。

そんななかで今回話題となっているのが「彼女が〇〇したら○○になったなう」というもの。

これを投稿した女性ボーカリストのさとしさんは、あるゲーム大会の罰ゲームですっぴんを披露することになり、その時の写真がアップされたのですが・・・

“という訳でバツゲームやりきりました。全部正真正銘わたくしです。今まで多大なる化粧詐欺で皆さんを騙しててすみませんでした”というツイートと共に公開されたすっぴん写真が・・・

このツイートは拡散され、たくさんの反響があったようです。

“潔さに完敗しました。これからも推します。”
“ここから20分で顔を作ってるわけだから、むしろ拍手を送りたい。”
“化粧して100点ならいいじゃん”
“逆に惚れました。”
“さらに大好きになりました!!”

出典元:cadot