今年1月に8年の任期を終えた米国のバラク・オバマ前大統領。

「黒人初のアメリカ大統領」「ノーベル平和賞の受賞」などのみならず「現職米大統領初の広島訪問」など、私たち日本人にとっても特に印象深い大統領の一人だったように思います。

また非常に子ども好きな面がしばしばメディアで取り上げられるなど、一人の人物としても人間味あふれる前大統領。
つい先日もアンカレジ国際空港でのオバマ氏とかわいらしい友人とのエピソードが紹介されました。

前大統領が飛行機への登場を待つ間に出会ったのは、生まれて半年のジゼル・ジャッキンスキーちゃん。
演説の巧さに定評があったオバマ氏ですが、まだ言葉の分からないジゼルちゃんにどんな声をかけたのでしょうか?

オバマ氏は偶然出会ったジゼルちゃんに歩み寄ると「おや、そこにいるキュートな子は誰かな?」と言って抱き上げたそうです。
突然のことで母親のジョリーンさんもビックリだったようですが、この貴重な出会いをしっかり写真に収めました。




ジゼルちゃんの何とも言えない表情がすごくかわいいですよね!

オバマ氏はお父さんにもうれしい一言を忘れませんでした。
「可愛すぎて、あなたの愛娘を連れて帰るところだったよ!」と気の利いたジョークを飛ばしたそうです。

彼女が大きくなったとき、この写真はかけがえのない宝物になるのかもしれませんね…
オバマ氏の更なる活躍と、ジゼルちゃんの健やかな成長を祈りたくなるお話でした。

出典元:twitter