「爆報!フライデー」(TBS系)で21日放送分では「お仏壇のはせがわ」のCMで話題になった幸せ少女、松井たばささんの現在が特集されました。

番組では「お仏壇のCMでお茶の間の人気者になったあの子役は今…」と題し、松井さんの現在を追いました。
松井さんは22年前、1955年に5歳で「お仏壇のはせがわ」のCMでデビューしました。
「おててのシワとシワを合わせてしあわせ~」のフレーズで話題になり、7年ほど「しあわせ少女」を務めてから引退、表舞台からも姿を消しました。

その松井さんは現在は27歳の主婦、地元の福岡県大牟田市の自宅で、夫と2人の子供と共に暮らしています。
一方で「しあわせ少女」のイメージとはかけ離れたハードな職場に勤務していました。

昔のかわいいだけの少女イメージとは真逆の職場に勤める松井さん、その職場での様子はいかに??




その職業とは、看護助手。松井さんは、認知症や心の病を持った人を治療する「大牟田保養院」で働いています。
中でも、重い精神疾患を持った人が入る「精神科閉鎖病棟」に所属しており、仕事の内容はハードだということです。

食事中には誤嚥に細心の注意を払ったり、1日30庄のシーツ交換をして回ったりしているといいます。
さらに、患者の中には精神状態が不安定な人も多く、お茶出しのタイミングが少し遅れただけで怒鳴られることもあるということです。

しかし、松井さんは過酷な職場でも笑顔をみせていました。実は看護助手になった理由のひとつは「お仏壇のはせがわ」のCMだったというのです。仏壇のCMだけに高齢者のファンが多かったことを受けて、恩返しの気持ちもあってこの仕事を選んだというのです。
松井さんの笑顔はCM当時と同じように素敵でした。

出典元:livedoor