先日、突然の引退発表をした安室奈美恵さん。
ファンのみならず、日本中が驚きました。

安室さんは9月16日にデビュー25周年を迎え、故郷の沖縄で2日間の凱旋ライブを開催、大成功を収めたところです。

そして9月20日、40歳の誕生日、自身の公式サイトにて引退を表明。
25周年と言う節目のタイミングで決意したと語っています。

ファンの皆さんはこの引退発表をどんな風に受け取ったのでしょう。

安室さんは、1977年9月20日に沖縄県で生まれ、1992年、沖縄アクターズスクールで結成されたスーパーモンキーズとしてデビュー。
ソロとなってから、『Don’t wanna cry』では史上最年少記録となる19歳で日本レコード大賞を受賞しました。
1997年には『CAN YOU CELEBRATE?』でダブルミリオンを記録し、邦楽女性ソロアーティストのシングル売上は歴代1位という記録を打ち立てました。
そして、この記録は現在も破られていません。

プライベートではTRFのSAMさんと結婚。翌年、長男を出産しました。

安室さんの影響力は大きく、音楽だけでなく、彼女のファッションを真似た“アムラー”呼ばれる女性が増加し、社会現象となったほど。

ステージライブ中心に活動し、多くのヒット曲を生み出しました。

彼女の引退発表を受け、Twitterでは悲しみの声が多く投稿されました。

また芸能界からも、引退を残念がる声が。

安室さんは自身のサイトでこう語っています。
「引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います。皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します。」

安室さんの引退はとても残念ですが、本人のこの決意は、おそらくとても悩み考えた末の事だったと思います。
残り一年の活動と、その後の新たな人生を、また応援してあげたいですね。

出典元:feely