小さいお子さんをお持ちの方なら一度は経験されたことがあると思いますが、自分が欲しいと思ったものが買ってもらえず手に入らなかったら、泣いて欲しがったりその場にうずくまり離れなかったりと結構頑固ですよね。大泣きされ周りから白い目でみられてはたまったもんじゃありません。
今回は「母は強し! 偉大なり!」と思わず笑ってしまうような出来事をご紹介したいと思います!

twitterに投稿したのは「まつ@ROMANS」さんという方。この「まつ@ROMANS」さんは、おもちゃ売り場で欲しい物が買ってもらえずぐずってしまった男の子をみかけたそうです。

ただ買ってとお願いするだけでは自分の要求が受け入れられないと思った男の子は角度を変えます。「ママのパンツの色言うよ!」まるでクレヨンしんちゃんのような息子に、母は恥ずかしげもなく直球返し。息子が泣く間も、言い返す隙も与えず自らパンツの色を答えるなんて偉大すぎます!「母は強し」とはまさにこんなことを意味するのでしょう。思わず笑ってしまうひとコマですね。

ツイートはまたたくまにリツイートされ現在75000リツイートを突破!コメント蘭には、こんな母親になりたい!との記載も。中には「母親のパンツの色というところにすごいセンスを感じる」という意見もありました。この男の子の将来がある意味不安でもありますね!

出典元:https://feely.jp/72324/