10月22日に衆議院選挙が控え、街では候補者達が演説を繰り広げています。そんな中、東京都知事の小池百合子氏が発言した内容に、東急ハンズがとてもスマートな切り返しをしたと話題になっています。

 街では候補者やその応援に駆け付けた支持者達が熱い熱弁を繰り広げていますが、10月15日に東京・町田の109MACHIDA(通称、109)の前で演説を行った小池百合子都知事。そのワンフレーズが波紋を呼んだことから今回のニュースは始まります。
 小池氏は演説の中で
「東急ハンズにもニトリにも、いろんな物が売ってますけど、ちょっと足りないのが希望。昨日よりも今日、今日より明日がきっといい、と思える希望。」
と発言。ご当地ネタをよく多用する演説者ですが、小池氏もそうだったのでしょう。しかし、このワンフレーズには様々な波紋が。

 演説の内容はご覧になられた通りなのですが、受け取り方によれば、東急ハンズとニトリを侮辱しているような発言にも取れますよね。街でも首を傾げた方が多かったようで、一時話題になりました。そこにすかさず返事をするような形でTwitterに投稿したのが東急ハンズ。一体どんなことを書き込んだのでしょうか。




 まずは東急ハンズがツイートした内容をご覧ください。

希望に掛けてツイートした東急ハンズ。このスマートなツイートは街の人からは神対応と絶賛されました。
以下街の声です。
•東急ハンズはいつ行っても楽しいし、希望にあふれていますよ!
•今回の対応に感動しました。東急ハンズに投票します。
•希望も、ワクワクも、ときめきもある。とにかく品ぞろえが豊富です。

辛口演説をもスマートに切り返す東急ハンズはさすがですね。これからも街のちょっとした日常に希望を与え続けてほしいです。

出典元:twitter