絆創膏といえば、すり傷や切り傷を付けてしまった際に使うもので細菌の侵入を阻止したり、傷口を目立たなくさせるために使用するのが一般的です。

最近は可愛いキャラクターの柄の絆創膏もよく見かけますよね。そんな絆創膏ですが、Twitterに投稿され今話題になっている「ユニークな絆創膏」があるそうなんです。

一体どんな絆創膏なんでしょうか?

Twitter上で大きな反響を呼んでいるというのか『SECRET AID(シークレット・エイド)』と名付けられた絆創膏。作品を手がけたのは、美大生に通うたむさん。半年以上前、大学の自由課題で考案したといいます。

一体どんな絆創膏なのかというとこちら!

この絆創膏の何が凄いかというと、ガーゼ部分に血液が付着する事で、模様が浮かび上がる仕組みになっているんです!ユニークな絆創膏を考えた、たむ(@TuMumin)さんは、ケガという嫌な出来事を悲しい気持ちだけで終わらせないでほしい!とそんな想いを込め、『SECRET AID』を考えたそうです。




『SECRET AID』に浮かび上がるイラストは、「ハート」「りんご」「ほのお」「リボン」「もみじ」「ハイヒール」「たいよう」「くちびる」「さくらんぼ」の9種類!

これなら絆創膏を貼るのが楽しみになっちゃいますね。

そしてこの絆創膏は見た目だけではなく素材にもこだわりが!

肌触りの良いなめらかで柔らかいガーゼを使用し、ミルフィーユ構造に重ねられたガーゼで傷口を優しく包み込む構造に。耐水性の強いゴムが使用されており、手洗いやお風呂などによる水の浸入を防ぎ、剥がれにくい加工も施されています。ケガをした時にだけ見ることのできるイラストが浮かび上がる絆創膏、ぜひ使ってみてくださいね!

出典元:feely