米海軍のパイロットが、1機数千万ドル(数十億円)するEA18Gグラウラー電子戦機の飛行機雲を使い。。。
大空に巨大な男性器の絵を描き飛行停止処分に!!!

この稚拙な行為は、あっという間にネット上で拡散、大炎上。

俺たちの税金で何をしているんだ!!と飛行技術を絶賛するコメントもある中、怒りのコメントが相次ぎました。




海軍は「この無責任かつ幼稚な行為について謝罪する」と謝罪し、問題のパイロットには飛行停止処分を科したと説明しました。
ちなみに、この戦闘機は1機6700万ドル(約75億円)するらしいです(^^;;