2017年11月8日放送のフジテレビ系バラエティ番組『良かれと思って!』に、元プロ棋士の加藤一二三九段が出演し、将棋界のギャラ事情を明かしました。

トップ棋士であった加藤さんは、全盛期にいったいどれだけの金額を稼いでいたのでしょうか⁇
勝ち進むにつれて、賞金が倍になる大会もあるようですし、非常に気になるところですよね。

番組MCのバカリズムさんから「将棋界って稼げるんですか?」という質問を受けた加藤さん。「初めてしゃべることだけど」と前置きし、TV番組としては初めて将棋界のギャラ事情を語ってくれました。

加藤さんは、14歳7か月で史上初の中学生棋士になり、20歳にはA級8段という最高峰の段位を持っていたそうです。

その当時、一般的な会社員の初任給は約1万3800円だったそうで、加藤さんは「一局の対局料は平均して1万5000円でしたね」と、一局の対局料が平均の初任給を超えていたことを明かしました。

しかも、勝ち進んでいくとさらに賞金が上がっていくということで、
ある新聞社が主催する対局では、初戦は1万5000円で、勝ち進むと次の対局はなんと3万円、その次は6万円と、勝ち進むと一局ごとに対局料がまさに倍になっていくという制度がとられていたとのことです。

加藤さん曰く「端的にいえば、棋士は昔のほうが楽でした」と、本音がポロリ。




そしてさらに気になるのが最高年収です。
加藤さんは、なんとこちらについても惜しげもなくあっさりと明かしてくれました。

“最盛期はそうね、7000万円くらい。”

さすがはトップ棋士、やはり尋常ではない驚くべき金額を稼いでいましたね。

最盛期は年間で60局ほど打っていたとのことですから単純に計算すると、1局の対局料が100万円を超えている計算になります。

加藤さんは最盛期の年収を告白した後、「皆さんからすれば『なんだ少ねっ!』って思われるかもしれないけど…」とこぼしてはいましたが、いやはや「少ない」と感じた人は多くはなかったでしょう。

・ひふみんはやっぱりすごい人なんだな。
・1局打って100万超えるのはうらやましい。
・やはり一流の棋士は稼いでますね。
・確かにすごいけど、1局の対局時間が2日かかるものもあるのだから、もっと稼いでてもいいと思う。
・現在の給料も気になる!

フジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』に5年ほど前から準レギュラーとして出演していた加藤さん。
それから正式に芸能事務所に所属し、さらに本格的に芸能活動をスタートさせたのは2017年7月です。

現在はその独特なキャラクターから、バラエティ番組に引っ張りだこな存在になりました。今後は、タレントとしての収入も気になってしまうところですね。

出典元:yokare