骨董品店で買ったこの錆だらけの包丁を全て手作業でひたすら18時間研ぎ続ける映像です。

とにかく根気のいる作業を地道に頑張り続ける!!
まさに職人の仕事ですね。

そして、どんどんピカピカに輝きはじめ、最後には切れ味テストも!!
さらにさらに、動画公開後のコメント欄にはことようなコメントも。




考察ですが、この包丁は藤次郎の270mmの包丁と言うことですが、銘を見るかぎり藤次郎で間違いありません。
次に材質ですが、錆び具合、砥の所要時間、波紋と言うか刃を見るかぎり白鋼と軟鉄の合わせ包丁だと思います。
名入れがされていないと言うことと、包丁の状態からはこれは料理人が使用していたものではなく、個人が購入したものであることがわかります。
以上のことをふまえると、この包丁は3~5万円くらいの価値はあると思います。
燕の包丁は関東の料理人にしてみれば一本は持っておきたい一品です。
この包丁はその燕の藤次郎の白鋼の合わせ包丁ですから、どうぞ大切に扱ってください。
出典元:https://www.youtube.com/

どうやら包丁は藤次郎の27㎝大出刃包丁のようです。
しかも、なかなかお高い!!!!

皆様も骨董品で錆包丁を探してみませんか??